便利な保険

ペット保険を活用する

ペットの医療費や不慮の事故に備えるペット保険は、急な出費や高額な治療費に対応することができる金融商品です。犬や猫だけでなく、小動物全般が加入できるペット保険もあります。 ペット保険はペットの病気やケガにによる入院や通院、手術などに対して保険金が支払われます。狂犬病などの予防注射に保険金は支払われません。 犬の場合年間5万円以上の医療費を払う人が愛犬家の25パーセント以上、猫の場合愛猫家の15パーセント以上いるとされていて、なかには50万円を超える医療費がかかる場合があります。また、ペットの長寿命化により、ガンや白内障などの疾患が増えていることや治療期間の長期化、介護費用がかさむことも問題になっています。

加入前に保障や特約を比較する

ペット保険は保険会社によって治療費の保障割合が異なります。かかった医療費の50パーセントや70パーセントの金額が支払われる保険が多いです。 大型犬、中型犬、小型犬といった大きさによって保険料が異なるペット保険や、大きさを問わず保険料が一律のペット保険があります。年齢が高くなると保険料も値上がりします。また、加入条件もまちまちで、契約できるペットの年齢に下限と上限が設定されている場合があります。 ペット賠償責任特約や複数のペットを加入したり、インターネット経由で加入すると割引になるサービスを行っているペット保険があり、上手に利用するとお得に加入することができます。保険会社によってはクレジットカード払い以外の保険料の支払方法もあります。

ページのトップへ戻る